神社婚で結婚式を挙げるメリットとは何か

神社婚で結婚式を挙げるメリットとは何か 日本文化の再評価がされている中で、古来から続いているスタイルである「神社婚」の人気が高まっています。
西洋のスタイルとは違う厳格な雰囲気や、神社婚でしか入れない特別な空間などの魅力が人気の理由です。
そのほかのメリットとしては和装を楽しむことができたり、神社ごとの挙式スタイルが楽しめることはもちろんのこと新婦がメインになる西洋の結婚式とは違って、新郎も誓詞奏上(せいしそうじょう)という儀式が執り行われるのが大きな特徴と言えるでしょう。
口コミでも格式高い挙式が行えたという点が親族側の満足につながっていったり、雅楽を奏でながら行う雰囲気に感動を覚えたりするなど普段お参りする神社の雰囲気とは違った体験をすることが可能なのです。
挙式の流れも雅楽での花嫁行列から親族の入場、身を清める儀式から夫婦になる誓いを行う儀式まで一連の流れも非常に緊張感があるものの夫婦になることの重要性を再認識できる場でもあるのです。

神社婚における角隠しの意味とは由来について

神社婚における角隠しの意味とは由来について 神社婚といえば綿帽子が有名ですが、同じくらいに角隠しも知られていて、しかも名前の意味や由来が気になるのではないでしょうか。
基本的に神社婚ではどちらも挙式の正装ですが、綿帽子は白無垢にのみ合わせて着用するのが基本です。
対する角隠しは色打掛や引き振袖を含め、様々な正装に合わせられるのが特徴です。
肝心の意味については、名前の通り角を隠して男性の家に入り、従順に従うことに由来しています。
現代の考え方からすると古いですが、この考え方は江戸時代頃は一般的で、女性も受け入れる他なかったといえます。
ただ由来には諸説あって、女性が嫉妬に狂うと鬼になるという俗説を由来とする説もあります。
つまり鬼になるのを防ぐおまじないですが、やはり女性を悪く言っているかのようなところは否めないです。
他にも、江戸時代に活躍した歌舞伎役者を女性たちが真似したのが始まりという説も存在します。
神社婚は特別な雰囲気の中で執り行われるものですが、意味を知ることで興味が湧いたり、より深く理解して着用できるようになるのではないでしょうか。

新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>神社で執り行う神聖な祝詞奏上と神社婚について
>幸せを祈る神社婚、新郎のための準備ガイド
>結婚式の新しい形?神社婚と巫女舞の魅力を紹介
>古い建物の神社婚、風情あふれる結婚式プラン
>神社婚から始まる新しい門出を披露宴会場で

◎2023/4/4

情報を追加しました。


>憧れの神社婚にはデメリットもあるって本当?
>神社婚は外国人にMお人気になって居る婚礼スタイルです
>神社婚をするときに必要となるマナーの大切さ
>神社婚の準備万端でトラブルを回避していこう
>神社婚も教会婚もできる結婚式場について!

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>神社婚を選ぶ事で得られる魅力やメリットを把握する
>神社婚を行う上で場所を選ぶ上でのポイント
>神社婚で結婚式を迎えるまでの流れを把握しておく
>神社婚を行う上で注意点もしっかり把握しておく
>神社婚ではどのような儀式が行われるのか?

◎2021/12/3

披露宴や食事会はどうするのか
の情報を更新しました。

◎2021/9/28

神社婚のプランと申し込みは
の情報を更新しました。

◎2021/8/11

サイト公開しました

1人テレビが普及する前の時代は、日本人は今よりも貧乏人だらけでした。結婚指輪や新婚旅行も無かったし、結婚式?も広い部屋を借りて親族集まってご飯食べて、近所の神社で祝詞あげてもらう様な式だった。いまは何でもかんでもお金がかかる時代。就職してもお金はたまらないし。
-->