このサイトでは、若い人に人気がある神社婚のメリットや特徴を紹介します。
神前結婚式のメリットは、格式が高い和装を着ることができる点になります。
厳かな雰囲気がある宮大工が建てた神社仏閣前で前撮りや記念撮影も可能です。
プランは神社によって異なり、申し込み方法は、神社に直接申し込みます。
神社によっては、サイトから申し込み受付をおこなっているところもあります。
披露宴などは、神社に会場が併設されていない場合は、神社と提携しているホテルなどで披露宴をおこなうことができます。

日本の伝統美が若い人に受けている1神社婚のメリットや特徴をご紹介します!

日本の伝統美が若い人に受けている1神社婚のメリットや特徴をご紹介します! 神社婚は、日本古来から伝わる挙式の方法になり伝統美が魅力です。
厳かな雰囲気の中執りおこなわれるので、チャペルでの挙式では味わうことができない経験をすることができます。
チャペルでの挙式より費用を安く抑えることができる点も人気がある理由のひとつになります。
少人数でおこなうので、アットホームな温かい雰囲気の中、挙式をすることができます。
日本ならではの伝統美があるので、お年寄りなど評価も高く、参列者の満足度も高いです。
神社婚をおこなうと、御宮参りや七五三・初詣などその都度参拝することができることも魅力で、神社と長いお付き合いをすることができます。
このようにさまざまなメリットがあるので、神社婚を選ぶ若い方が増えてきています。

日本における神社婚のはじまりやその歴史とは

日本における神社婚のはじまりやその歴史とは 結婚は人生のなかでも数少ない華々しいイベントであり、単に新郎と新婦だけにとどまらず、親兄弟や親戚一同に至るまでの慶事です。
それとともに、異なる家系の者同士が一体化する特別な機会でもありますので、その誓いのほどを広く地域の人々をはじめとして、地域を司っている神々にも照覧して社会的な承認を得ることも重要視されていました。
このような考え方のもとに成立するのがいわゆる神前婚であり、地域の人々の面前で神々に誓いを立てるスタイルは、日本のみならず世界中においてみられるものです。
ひるがえって日本における神前婚の歴史をたどってみると、実は古い時代には現在のような神社婚の形態をとるのではなく、自宅に神々を招くスタイルが一般的だったといえます。
より具体的にいえば、室町時代あたりからはじまる婚礼のスタイルとしては、自宅の床の間に天照大神などの御神号を記した掛け軸を掲げて、その前に新郎・新婦や親戚縁者をはじめとする人々が陣取り、固めの盃を交わして永遠の誓いをすることになっていました。
今日では一般的となった神社婚は実は比較的新しい習慣で、当時は皇太子だった後の大正天皇の婚儀が宮中賢所で執り行われたことを先例として、民間でもこれを模倣するようになったのがはじまりです。

神社婚を選ぶ事で得られる魅力やメリットを把握する

結婚式と聞くとイメージされる事が多いのがウェディングドレスであり、教会で式を挙げる場合が多くあります。ただし日本では伝統的な結婚式のスタイルとして神社婚があり、神社で結婚式を挙げる事も可能です。
実際に神社婚を行うことで得られるメリットや魅力ですが、やはり一番は日本の伝統的な挙式スタイルを体験できるという点があります。
神社という伝統的で格式のある場所での結婚式を経験する事自体が貴重であり、独特な雰囲気も含めてより感慨深い思い出にする事が可能です。
日本の伝統的衣装とも言える和装なども、神社だからこそ楽しむ事ができる魅力の1つとなります。花嫁であれば真っ白な着物として白無垢を着用する事ができ、新郎も伝統的和装を着用する事が可能です。
また本来結婚式では新婦に注目が集まる傾向がつよいですが、神社婚の場合は新郎が活躍できるシーンが多くあります。
結婚式では誓いの言葉を神様に述べる際、新郎が読み上げるのでより活躍できるシーンの1つです。

神社婚を行う上で場所を選ぶ上でのポイント

夫婦となるカップルがお互いの親類に紹介したり今後もよろしくお願いしますという意味も含めて、結婚式を行う場合は多くあります。
カップルにとっては人生の中でも大きなイベントとなるので、しっかり計画を立てて結婚式の準備を進める事が大切です。
式自体のスタイルにはキリスト式や人前式など色々ありますが、その中の1つに神社婚があります。神社を利用して結婚式を行うスタイルであり、伝統的な和装によって式を執り行う事が可能です。
実際に神社婚を行う上での場所を選ぶポイントですが、まずは結婚式を執り行ってもらうために神社への依頼する必要があります。
結婚式をプランとして提供している神社もあれば、そうでない神社もあるのでしっかり考慮した上で選ぶ事も大切です。
また通常の結婚式を行う会場とは事なり神社の作りや人数の制限なども考える事がポイントになります。場所自体は様々な神社に依頼する事は可能ですが、交通の便や招待客も考慮して考える事が重要といえます。

神社婚で結婚式を迎えるまでの流れを把握しておく

結婚式自体の準備は新郎新婦が計画的に進める必要がありますが、キリスト式の他に神社婚を計画しているのであれば結婚式を迎えるまでの流れを把握しておく事が大切です。
実際に神社婚を行う上での基本的な流れとして、まずは場所を選ぶ必要があります。情報自体はインターネットを活用するだけでなう、式場をまとめた情報誌などを利用すると便利です。
気になる神社理想の神社が見つかったら、まずは会場見学などを行う事がポイントになります。直接神社に訪れて雰囲気を体験するだけでなく、事前に予約を行うことで会場となる本殿などを見学できる場合もあるので利用する事が大切です。
見学をしたうえで場所を決定した際は、実際に神社へ相談を行う見積もりなど結婚式を行う上で様々な準備を進める事になります。
神社自体で結婚式のプランを用意している場合もあるので、スタッフの方やプランナーの方と相談して式をどのように執り行うかを決めるという話になります。

神社婚を行う上で注意点もしっかり把握しておく

結婚式を行うスタイルには様々な種類がありますが、日本ならではのスタイルといて神社婚があります。日本において伝統的な神社での結婚式となり、感慨深い思い出にする事ができるのが魅力です。
和装なども楽しむ事ができ、新郎が活躍できる結婚式スタイルの1つでもあります。ただし神社婚を行う上で良い点だけでなく注意点もあるので、しっかり把握したうえで式をどうするかを考える事も大切です。
神社での結婚式の場合は天候に左右される事が多く、式自体の流れなども変わる可能性が高いです。そのため結婚式を行う時期なども踏まえて、天候には十分考慮する必要があります。また利用する神社によっては列席する事ができるのは親類のみと限定されるケースも多く、その場合は披露宴など招待客に対する工夫も必要です。
神社自体の作りは日本伝統的な部分が多いので、バリアフリーといった設備などが整っていない事が殆どとなります。招待客への配慮も踏めて、車いすや段差への配慮をどうするかを考える事も大切です。

神社婚ではどのような儀式が行われるのか?

日本伝統の結婚式を行うことができる神社婚は、とても魅力的です。神社婚にはさまざまな儀式がありますが、あまり詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。
神社婚ではまず、手水の儀として、参加者全員がお水で身を清めることから始めます。次に、参進の儀と呼ばれる入場を行います。
神職・巫女・雅楽演奏者に導かれ新郎新婦と列席者が列になって進み神殿に上がります。その後、式の進行をつとめる神職による斎主挨拶があり、これが式を見守ってくれる神様への挨拶となります。
修祓の儀ではおはらいとして身の汚れをはらい清めてもらい、お祝いの言葉を読み上げる祝詞奏上の儀が行われます。三献の儀で盃を交わし、お神酒を飲み交わしたら、夫婦の契りが結ばれることになります。
ここまでの流れが前半とされており、後半では巫女の舞や誓詞奏上、玉串奉奠や結婚指輪の交換、親族杯・斎主あいさつで終了になります。神社や会場によって順番はことなる場合があります。

憧れの神社婚にはデメリットもあるって本当?

厳かで和風の上品さが漂う神社婚に憧れるカップルはたくさん存在します。ですが、どの式でもメリットとデメリットがあるものです。特にデメリットに関しては、事前に把握することで出来るだけの対処をする必要があります。神社婚の場合、天候に左右されることは仕方のないことです。雨の日の場合、足元には十分に気を付けて歩く必要が出てきます。さらに挙式の場合は神社のしきたりによって、親族のみの参列しか出来ないことがあることを覚えておきたいものです。
神社婚は古くからの建物で行われる式のため、バリアフリーやエレベーターといった設備が整っていない可能性があります。ご年配の方にはあらかじめこうした情報を伝え、参列出来るかどうかを判断してもらうべきです。神社婚での衣装は通常のドレスよりも種類が少ないため手頃と言われますが、その代わりカツラやかんざしといった小道具にお金がかかる場合があります。見積もりはしっかり確認し、手持ちで間に合わせることも必要です。

神社婚は外国人にMお人気になって居る婚礼スタイルです

日本は世界でも非常に人気の有る観光国です。常に人気ランキングの上位を占めており、日本の文化やおもてなし、美味しい和食などがランキングの理由になって居るのです。
特に日本独特の伝統や文化、風習に強い関心を抱く外国人は後を絶ちません。仏教や神道にのっとった、神社婚にあこがれを抱く人も多く、オプショナルツアーで疑似体験できるようにプランがくまれても居るのです。特に神社婚は、他の国では見る事の出来ない絢爛豪華な角隠しや十二単、白無垢などの婚礼衣装を身につけられます。加えて神社と言う神秘的で神聖な厳かな場所で、参進の儀や三々九度、祝詞奏上に巫女の舞など他では決して見る事の出来ない伝統儀式も体験できるのです。これが外国人を魅了してやまないのです。また最近はレトロ婚ブーム、昭和婚ブームであって日本人の仲にもあえて神社婚を選択する人が多く成って居ます。チャペル婚よりもリーズナブルに行えるとして人気があります。

神社婚をするときに必要となるマナーの大切さ

結婚をするときにどこで挙式をするのかを各自で自由に決めることができますが、神社婚をすることで和風な結婚式にすることができます。そのため日本では人気の高い結婚式でもありますが、マナーを覚えておかないと周囲の人に迷惑をかけてしまうことがあるので注意が必要です。神社で結婚式をすることになりますから、他の人に迷惑をかけないようにするのが大切であり、ゲストも静かに参加をしないといけません。
新郎新婦が静かにしていてもゲストが騒ぐようなことをするとマナー違反になってしまうので、全体的に静かにすることが求められるはずです。他にも神社側が用意しているルールを神社婚では守らないといけないので、その部分を最初の段階で教えてもらう必要があります。何も知識を持っていない状態で結婚式に突入すると、何かしらの問題を抱えてしまうことがあるかもしれませんから、その部分は最初に意識をして話を聞いておくのが大切になるはずです。

神社婚の準備万端でトラブルを回避していこう

和婚の人気があり、神社婚への注目が浴びています。生まれてから神社に関わってきた日本人は多いため、神社婚への意識は自然とでてくるようです。しかし、神社婚のマナーやルールは意外と知らない人が多いのではないでしょうか。知らないために、せっかくの結婚式でトラブルを起こしたくはないものです。どのような点に注意すればよいのか説明していきます。
神社で行う時のメリットとデメリットはそれぞれ3つです。1つ目は日本人らしさの演出ができること。2つ目は結婚後も何度も訪問が可能であること。3つ目は儀式は読み上げが多く新郎が活躍することです。デメリットとしては、1つ目は神前の式は天候に左右されること。2つ目は列席者が親族に限られること。3つ目はバリアフリー設備が少ないことが挙げられます。
デメリットへの配慮が足りずに結婚式を進めてしまうと、トラブルへ発展する可能性があります。天候に左右されやすいことを神社側はどう対応するのか、列席者は何人収容できるのか、身体が不自由な人へのフォローはどうするのか等の配慮を先に考えてみましょう。
結婚式は皆に祝福されて成功したいものですね。神社婚ならではの情報を先取りして準備万端に臨みましょう。

神社婚も教会婚もできる結婚式場について!

結婚には様々なスタイルや形式が有ります。日本は宗教宗派、心境に関係なく自分の好きなスタイルや形式の挙式披露宴を選択できるように成って居るのです。
キリスト教を信じていても、神社婚と言う形式で日本の伝統美の婚礼衣装に身を包み挙式を行うことが出来ます。また仏教徒であっても神社で神前式を行うことも可能となって居るのです。神社婚が良いのかキリスト教式の挙式が良いのか困惑して迷っているのであれば、両方を執り行える結婚式場を選択すると良いでしょう。人によってはどちらと決めかねて、教会で挙式した後和装で披露宴を行う人も居ます。こうした欲張りな希望を叶えるのも、日本の結婚式場の独特であると言えるでしょう。宗教儀式を余興のようにとらえ、演出してもらうこともできます。参進の儀や三々九度、巫女の舞などをお願いすることもできます。参列者にとっても和婚とキリスト教婚慮法に参加できるのは、お得感があり、とても楽しい経験に成ります。

神社で執り行う神聖な祝詞奏上と神社婚について

日本には古くから伝わる結婚式の形態があり、その中でも神聖な神前式すなわち神社婚は多くの人々に選ばれています。
神社婚では、自然に囲まれた神聖な空間の中で二人の結婚が認められます。 まず始めに新郎新婦は神前に向かい、厳かな雰囲気の中祝詞奏上が行われます。
この祝詞奏上は、神々に二人の結婚を報告し、夫婦の幸せと繁栄を願う重要な儀式です。 神社婚における祝詞奏上は、日本の古き良き伝統として受け継がれてきた文化の一つであり、この儀式を通して新郎新婦は神々からの祝福を受けると言われています。
また、訪れるゲストも自然と調和した心地よい空間で、一生の思い出となる結婚式を楽しむことができます。 神社婚を選ぶカップルは、格式高い儀式を通じて神々との結びつきを深め、神聖な結婚式で新たな門出を祝うことを望むことが多いです。
祝詞奏上に使われる古語の美しさや神社の荘厳な雰囲気は、参列者にとっても忘れられない体験となるでしょう。 神社婚においては、日本独特の美意識や精神性が色濃く反映されており、それが多くのカップルに支持されている理由の一つと言えます。
神社での結婚式はただの儀式ではなく、日本人の心の中に息づく大切な価値観と繋がっているのです。 神聖なる神社で執り行われる祝詞奏上と共に、親しい人々に見守られながら永遠の愛を誓う神社婚は、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。

幸せを祈る神社婚、新郎のための準備ガイド

大切な人生の節目に行われる神社婚は新郎にとっても非常に重要なイベントです。 格式のある和の空間で誓いを交わすためには細部に渡る準備が求められるでしょう。
まずはきちんとした和装を選び、式の流れを理解しておくことが大切です。 和装とは言っても洋装と同じように様々なスタイルがあり、神社によっては紋付羽織袴が必須となる場所もあれば、略式の和装で良いところもあります。
新郎はこの点をしっかりと把握し、婚礼担当者と相談を重ねる必要があります。 また、挙式当日のタイムスケジュールは新郎新婦でしっかり合わせておく必要があります。
特に神社婚は進行が厳格で未経験者には分かりづらい場面も多いため、リハーサルを含め、事前の準備が必要不可欠です。
参列するゲストへの気配りも忘れてはなりません。 神社婚は厳かな雰囲気の中で行われることが多いため、ゲストにも礼儀の説明を丁寧に行い、事前に慣習などを知らせておくことが大事です。
新郎としては、ゲストが不安に思わず、式を一緒に楽しんでもらえるような配慮を忘れないでください。 また、式の記録として写真やビデオ撮影も重要です。
これは後々の思い出作りにも繋がるため、事前にきちんと計画を立て、プロのカメラマンに依頼するのも一つの方法です。
最後に、神社婚では神前式特有の諸経費も発生します。 結納金や玉串料など、新郎はこれらの費用にも注意を払い、事前の準備をしておくことが求められます。
神社婚を成功させるため、新郎は多くのことを覚えておく必要があるのですが、最も大切なのは愛する人との絆を深めることです。 お二人で協力しながら、素晴らしい神社婚を叶えてください。

結婚式の新しい形?神社婚と巫女舞の魅力を紹介

結婚式と言えば、多くのカップルが憧れるのは温かい雰囲気の中で行う家族や友人に囲まれた幸せな一日です。
最近では様々なスタイルの結婚式がありますが、特に目を引くのが神社婚です。 神社婚はその場の雰囲気や歴史的背景も相まって、日本の美を感じさせる挙式として人気を博しています。
その中でも注目されるのが、祝事には欠かせない巫女舞です。 厳かな神前での誓いと共に奉納される巫女舞は、結婚式に神聖な雰囲気をもたらします。
巫女舞が奉納される瞬間は、新郎新婦だけでなく参列者にとっても心に残る美しい演出となります。 また、神社の自然豊かな環境は心安らぐ空間を提供し、挙式をより一層特別なものにしてくれます。
親族や友人も、日本の伝統と文化を感じられる神社婚に心打たれることでしょう。 このように、神社婚と巫女舞は日本ならではの挙式スタイルとして新しい結婚のかたちを提案しています。
古き良き伝統を受け継ぎながら、あたたかい結びつきを誓う場として、今後も多くのカップルに選ばれるでしょう。
伝統を守りながらも新たなスタートを迎えるための選択肢として、神社婚はこれからも注目されることでしょう。

古い建物の神社婚、風情あふれる結婚式プラン

結婚は人生において大きな節目であり、特別な記念日となることでしょう。 多くのカップルがその記念日をさらに印象深いものにするため、神社婚を選ばれます。
息をのむほどの美しさを誇る古い建物が残る神社での挙式は、日本の伝統と文化を感じさせる儀式であり、新たな門出を祝福するにふさわしい舞台となっています。
神社婚には格式高い雰囲気があり、個性的な結婚式を求めるカップルにとって魅力的な選択肢です。 しかし神前結婚式には決まりが多く、参列者の服装や作法にも注意が必要です。
参拝の礼儀を守りながら、厳粛かつ華やかに神様の前で誓いを立てる瞬間は誰にとっても忘れられない時間となるでしょう。
古い建物の風情を生かした神社婚は、撮影するにも絶好のロケーションです。 自然豊かな境内、荘厳な本殿、緑深い参道などを背景にした写真は一生の宝物になります。
現代人は家族や友人との時間を大切にし、人生の節目をしっかりと祝う傾向があります。 その中で古い建物が持つ趣と、日本古来からの婚礼のあり方を融合させた神社婚は、これからも多くの人々に愛される存在であることでしょう。
新しい家庭を築く一歩として、古き良き伝統を受け継ぐ神社婚はおすすめの選択です。

神社婚から始まる新しい門出を披露宴会場で

結婚という人生の大きな節目を迎える二人が選ぶ神社婚は、日本の伝統美を感じさせる厳かな式です。 神社の自然に囲まれながら誓いを交わし、家族や友人に見守られて新たな門出を祝います。
そんな神社婚を挙げた後に選ばれる披露宴会場もまた、その日の印象を大きく左右します。 多くの披露宴会場は、結婚の喜びを共有するための様々な工夫を凝らしています。
例えば、自然の景観を生かした会場では、季節の移ろいを感じながら宴を楽しむことができます。 また、伝統的な和の美しさを大切にする会場では、和装に合わせた装花や照明で時間を彩ります。
神社婚だけではなく、一生の思い出に残る披露宴を演出するために、会場選びは非常に重要です。 新郎新婦にとって、披露宴は人生の新たな航路を友人や家族と分かち合う場であり、温かい祝福と共に新しい生活への期待感を高める時間となります。
そんな披露宴会場で、二人だけの特別な空間を作り出すためには準備と情報収集が欠かせません。 神社で行われる結婚式は、その神聖な雰囲気と格式ある儀式で多くのカップルに愛されているが、その後の披露宴をどのように繋げるかも結婚式の成功を左右します。
美しい日本庭園の中で、心に残る一日を過ごせるよう、披露宴会場の選択には特に心を配りたいものです。 神社婚後の披露宴では、和のテイストを取り入れつつ、おふたりらしさを表現できるアイデアが試されます。
親しい人たちが集う幸せな時、披露宴会場は二人の門出を華やかに彩る舞台となります。

おすすめの神社婚情報サイト

京都 神社婚

新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>神社で執り行う神聖な祝詞奏上と神社婚について
>幸せを祈る神社婚、新郎のための準備ガイド
>結婚式の新しい形?神社婚と巫女舞の魅力を紹介
>古い建物の神社婚、風情あふれる結婚式プラン
>神社婚から始まる新しい門出を披露宴会場で

◎2023/4/4

情報を追加しました。


>憧れの神社婚にはデメリットもあるって本当?
>神社婚は外国人にMお人気になって居る婚礼スタイルです
>神社婚をするときに必要となるマナーの大切さ
>神社婚の準備万端でトラブルを回避していこう
>神社婚も教会婚もできる結婚式場について!

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>神社婚を選ぶ事で得られる魅力やメリットを把握する
>神社婚を行う上で場所を選ぶ上でのポイント
>神社婚で結婚式を迎えるまでの流れを把握しておく
>神社婚を行う上で注意点もしっかり把握しておく
>神社婚ではどのような儀式が行われるのか?

◎2021/12/3

披露宴や食事会はどうするのか
の情報を更新しました。

◎2021/9/28

神社婚のプランと申し込みは
の情報を更新しました。

◎2021/8/11

サイト公開しました

1人実際、アキシンに九州勢が多いんですよね。 神社本庁と日本会議のズブズブをばらしたアキシンもいますし。

返信先:日本でも神社の境内で狼藉を働かれて久しいですよね。 マスゴミよ、きちんと報道しろ。 日本人よ、もっと怒れ。

返信先:

返信先:🇯🇵日本神社仏閣は、放火されれば終わりです😣 素早い対応が必要です🙏

-->